おまとめローンと債務整理

複数の金融業者から多額の借金をしてしまい、身動きがとれないという、いわゆる多重債務の問題については、巷間でもよく聞かれるところといえます。こうした多重債務におちいってしまった場合の解決の方法には、いろいろなものが考えられます。
たとえば、ごくかんたんな手段としては、おまとめローンとよばれるものを使うという方法が挙げられます。おまとめローンというのは、多重債務を特定の金融業者に一本化して、毎月の支払いの負担を減らすことを目的としたローンのことをいいます。いったん特定の金融機関からのおまとめローンによる借り入れによって、既存の金融機関からの債務は返済するというかたちになりますので、複数にわかれていたものが整理されてすっきりとします。また、このようなおまとめローン審査によって、通常は金利の負担も軽減されることがほとんどですので、その意味でもメリットがあるものです。ただし、おまとめローンの場合には、金利の負担は減るとしても、借金そのものが減るわけではないという点は押さえておかなければなりません。
いっぽう、債務整理ですが、これは法律の規定により、あるいは任意の債権者との話し合いによって、債権の減額や有利な条件の獲得をめざす方法といえます。裁判所を経由する自己破産や債務整理の場合には、法律にもとづく手続きをすることによって、債務の全部または一部の支払いが免除されますので、おまとめローンよりも大きな負担軽減につながるのはたしかです。そのかわり、金融事故として再度の借金ができなくなったり、法律上の権利が制約されたりすることがあります。


Posted in おまとめローン and tagged by with no comments yet.