カードでキャッシングが出来ない原因と対処方法

クレジットカードでキャッシングが出来ない原因として、まず一番最初に考えられるのが、そもそもキャッシング枠が設定されていないクレジットカードである可能性があります。
クレジットカードを作るときには、希望するキャッシングおすすめ枠を記入する欄が設けてある場合がありますが、クレジットカードを作ろうとしていたときにはキャッシング機能の必要性を感じていなかったために、敢えてゼロ円にして申し込んでいたり、キャッシング機能が付いていないクレジットカードを選んでいた可能性があります。
そんなクレジットカードでキャッシングするための対処方法としては、そのクレジットカードを提供している信販会社に電話をしてキャッシング枠を設ける手続きを踏み、審査を受けて通過すればキャッシングが出来るようになる場合があります。
もう一つクレジットカードでキャッシングができない原因として考えられるのが、貸金業法による総量規制の限度枠の都合で審査が通らなかった可能性が考えられます。
クレジットカードを提供している信販会社は、消費者金融会社と同様に貸金業に登録する必要がある企業です。
そのため総量規制の対象となり年収の三分の一までの金額しかお金を貸し出せないことになっているのですが、別の消費者金融会社のカードローンなどで、その制限額いっぱいまで借り入れしていたためキャッシング枠を設定できる余裕がなかったということが考えられます。
対象方法としては、カードローンの残債を減らしてから、改めてキャッシング枠の設定する審査を受ける必要があります。


Posted in キャッシング and tagged by with no comments yet.