カードローンの金利は融資される金額によって変わってくる!

カードローンの金利、利率ですが、融資される金額によって変わってきます。基本的に、融資額が多ければ多いほど利率は低くなることが特徴です。ちょっと考えると、融資額が多ければ多いほど金利も高くなるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実態はその逆です。理由はいくつかありますが、一つは、借りるほうの信用度です。融資額が多いということは、その人は審査の結果、十分に信用できると判断されたわけです。十分に信用できる人であれば貸し倒れのリスクも低いということになり、金利を高く設定しなくてもカードローン会社としては安心できるわけです。
二つ目の理由は利息の額になります。融資額が多いと、その分同じ金利でも利息額は多くなります。低い金利でもカードローン会社としては十分な利益になるということで、はっきり言ってしまえば、それくらいでも十分にやっていけるから、低い金利になっているということです。
そして三つ目は法律です。実はカードローンの利率というのは、法律で上限が決まってします。融資額10万円未満の場合は年に20%、10万円以上100万円未満の場合は年に18%、100万円以上の場合は年に15%が上限とされており、これを超えると法律違反になります。法律上も、融資額によって利率が異なることが定められており、その数字は融資額が高くなるにつれて低くなっています。このように、カードローン おすすめの会社の金利は融資される金額によって変わってきます。


Posted in カードローン, 利率, 金額 and tagged , , by with no comments yet.