中小消費者金融で総量規制対象外で借りる際の注意点

中小消費者金融は融通性の高さが魅力であり、少額融資においては大手よりもスピード融資を受けられることがあります。
最近は総量規制対象外の銀行ローンが人気ですが、この理由として借入総額が大きくなることがあげられます。
中小消費者金融のキャッシングだと、年収の3分の1が借入できる最高額となるのです。
同じキャッシングでも、銀行だと総量規制対象外になるのでより大きな金額を借りやすいです。
また総量規制対象外の銀行ローンは金利も低いので、長期の借入になる方にも適しています。
長期返済になるほど利息は高くなるので、少しでも金利を抑えていく必要があります。

中小消費者金融のキャッシングは総量規制対象外にはなりませんが、キャッシング以外のローンには適用になる場合もあるのです。
おまとめ専用融資の場合は、生活費に利用できない代わりに総量規制対象外となります。
消費者金融のローンは種類によって、総量規制対象と総量規制対象外のどちらになるか変わってくるのです。
用途不問と記載されているものは、通常のキャッシングなので総量規制の対象となります。
おまとめ専用の場合は対象外ですが、普通のローンをおまとめに使用する場合は対象となります。

ただ中小消費者金融ではおまとめローンを用意していることは少ないので、基本的にすべて総量規制対象になると考えておくのがよいでしょう。
詳細はローン概要を見ればわかりますし、わからない部分は業者に問い合わせれば教えてくれます。


Posted in お金を借りる and tagged , by with no comments yet.